夜空の大河


カエラ:「こ、こんばんは。ジョージさん家に来たばかりなのに、外は雪が降っていてとても寒いです。(。>д<)」

カエラ:「まだ11月ですが、本日の最高気温は4℃。初雪は平年より2ヶ月も早いです(*μ_μ)」

カエラ:「まるでカエラは『雪女』みたいですね...w」



カエラが我が家に来て早々、東京は1年に1回見れるかどうか分からない雪景色が、なんと今年は11月に見れてしまいましたw



11月の初めは気温が25℃以上あったのに、たった3週間で20℃以上下がるとは....。
もう、秋は終わってしまったのでしょうか...。
この寒さだと、さすがに趣味のプールは考えるだけでも体が凍えそうなので行きませんでしたw
こんな日は、温かいお風呂にゆっくりと浸かり、ホッコリするのが一番ですね(*´ー`*)




東京の夜は、この時期になると、あちらこちらでイルミネーションが始まるので駅の近くをフラフラ散歩するだけでも綺麗な夜景を見ることができます。

東京ミッドタウンには「宇宙」をテーマにしたイルミネーションがあるそうです。
100万個?以上の青色LED電球で作られていて、とても綺麗だからデートスポットとして人気があるそうです♪

今日のような雪の日でもカップルたちには無敵のLOVEPOWERがあるので、どんなに寒くても全く気にしないのでしょうね♪(流石に今日は寒かったと思うけどw)

ジョージは東京ミッドタウンに行ったことがないので、感想を伝えられないのが残念なのですが、もし行く機会があったら是非見たいと思っています♪ヽ(´▽`)/(ラブドールのショールームとどっちがフットワークが軽いかなw?)




ジョージ的には、夜は『星空』を見るのが何よりも美しいと思っています。
東京は夜になっても明るい場所が多いことと、空気が澄んでいることが少ないので、星空を見る機会が少ないように感じます。
それでも、オリオン座をはじめとした冬の星空は大変美しいと思います。



ジョージは北海道に行ったときに一度だけ『星空の絨毯(じゅうたん)』を見たことがあります。


季節は夏でした。
初めはバーベキューをしていたので、周りが明るかったことと、仲間達で盛りあがっていたので夜空を見る機会はありませんでした。
バーベキューの後片付けをし、最後に明かりを消して「今日は最高に楽しかったなぁ」と思って夜空を見上げたとき、その神秘的な光景が私の視野全体に広がっていました。
そこには「これが夜なの!?」と感じるくらい明るく光り輝いた星たちで埋め尽くされていて、まるで夜空に『巨大な河』が流れているように思えました。

あのとき、その美しすぎる光景に気づいたのが私だけで、その溢れだして抑えきれない「感動」を自然と仲間に伝えることができたのも、とても嬉しかった思い出として、鮮明に記憶しています。

また、その時の夕日も、アフリカのサファリ映画に出てくるようなとても大きな太陽でした。
場所も日本海側でしたので、海に沈んでいく太陽が本当に綺麗でした...。





イルミネーションは「電球」というのが良いのかもしれませんね♪
自然の夕日や星は、どことなく「寂しさ」を感じますが、人工の電球は「暖かさ」を感じます。
暗闇の中にある穏やかな人工の光は、ジョージには『ぬくもりの灯火』にも見えるのです。
それは、寒い冬場に灯された暖炉の火のようで、どんなときでもその灯火に寄り添えば、家族で団欒(だんらん)をしているかのような、そんな幸せな気持ちにさせてくれる気がするのです...。






ニイナ:「ジョージさん、今日は早めに寝ようね♪」

ジョージ:「ニイナがいると、しばれて(方言)冷えたココロもホッコリして落ち着くなぁ(*´ω`*)」

ニイナ:「ジョージさんは無理して風邪ひかないようにね....(*´∇`*)」

ニイナ:「カエラちゃんは、今日は表紙デビューだったね♪」

カエラ:「カエラが緊張している雰囲気が写真からでも分かりましたねw」

ニイナ:「その初々しいところがカエラちゃんのいいとこだよ♪ヽ(´▽`)/」

カエラ:「ありがとうございます(*v.v)。。。」

ニイナ:「今日からカエラちゃんは、ニイナと一緒に寝ようね♪」

カエラ:「はい♪(*μ_μ)♪」

ニイナ:「ジョージさんは、いつも深呼吸してリラックスすることを忘れないでね♪すぐ無理するからね(´∇`)」


関連記事

Comment

Leave A Comment