スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブドールを超えて:オリエント工業 桜樹志乃

志乃:「おはようございます♪」
ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃

先日、東京六本木で開催している
アルフォンス・マリア・ミュシャ(芸術家)展に行って来ました。

ジョージは、ミュシャに関しては全く知りませんでしたが、テレビやツイッターであまりにも多くの方が絶賛していたので、折角東京に住んでいるのだからと思い、行って来ました。

ジョージが行った日は、ゴールデンウィーク中でしたので、まるで東京ディズニーランドに来たかのような混雑ぶりでしたが、それでも
行って良かった
と思える美術展でした。

5箇所だけ、撮影可能な絵があったので、周りのお客さんたちに出来るだけ迷惑をかけないようにして、撮らせていただきました♪
ミュシャ ミュシャ いかがでしょうか?
かるく、縦幅は6㍍くらいはあるのではないでしょうか?

迫力ありますよね♪

ミュシャ 
ミュシャ ミュシャ ジョージはこの絵に一番惹かれました。
ミュシャの絵は、なんとなく
人と人の争いから、喜びよりも、悲しみを描いた絵が多い印象を受けたので、その中でもこの『スラヴ民族の賛歌』は比較的明るい希望に満ちているように感じたからです。



ジョージは幼い頃、よく母親と一緒に美術館に行きました。
その頃の良い思い出は、マルク・シャガールでしたね♪
とても、描かれた動物達や人間が幸せそうに見えたのを今でも鮮明に覚えています。

ミュシャ 
ミュシャ 
ミュシャ ミュシャ ミュシャ展で衝撃的だったことは、
お客さんが双眼鏡を持参していたこと
でしたw
1枚の絵がデカすぎるために、接近して見ても下の部分しかよく見ることができないからだと思います。
また、常に絵を見上げながらだと、首が痛くなるんですよねwww
ジョージは、こんなにデッカイ絵を沢山展示してあるのを見たのは初めてだったので、1枚の絵に対して10分くらいかけながらマジマジと見ていったら、目と首と足が疲れちゃって、3回くらい椅子に座って休憩しちゃいましたw
ミュシャ ミュシャ ミュシャ ミュシャ ミュシャ 



ジョージは今、独り身ですが、一人でこういった沢山の人が集まる場所に来ると、ふと感じることがあります。



それは、あるとき、いきなりとてつもない孤独感に襲われるのです。
虚無感ともいうのでしょうか。

田舎から上京してくると、ヒトと密な繋がりを持つ場所は、主に仕事場であります。
プライベートにおいては、近所に世話好きのおばちゃんやおじちゃんがいたり、幼なじみの友人が住んでいるわけでもなく、みな赤の他人ですので、そういった付き合いは皆無であります。

4月になり、隣近所に新しく住み始めた人がいるようですが、初めての挨拶があるわけでは無かったので、正直、隣に住んでいる人が一体男なのか、女なのか何も分かりません。


仕事場でも、思いを共感できる人たちの集まりであれば、毎日楽しく過ごせるのでしょうが、そうでは無くなると、大変辛い思いをすることでしょう。


まあ...自分を客観的に見て考えた場合、または、ラブドールに共感出来ない人がジョージのブログを見た場合で思うことは、きっと、
ラブドールを持っているヤツに趣味が合うヤツなんかいるかよwww
といったところでしょうか.....




最近、職場で
普通のヒトって何だろうね?
っていう話題で盛上がりました。
始めに、ジョージは自分の事を
俺は変態だよw
と自覚していることを告げました。

ジョージは生まれながらアトピー性皮膚炎で悩まされてきたので、あまり体に負荷のかかる食生活や寝不足、深夜帯に活動することが出来ません。
一応可能なのですが、そういった不摂生な生活を少しでも繰り返すと、すぐにアトピーが酷くなり、必ず最後に後悔するからです。
ですので、食生活はとても質素ですし、寝るのも『お前はお爺ちゃんかwww』って思われるくらい早いですし、逆に朝は、太陽が昇る前に起床します。
勿論、夜遊びはしないし、タバコも1度も吸ったことないし、酒も全く飲みません。

ここまで自己紹介すると、大抵のギャンブル系好きの男の場合だと、全否定されて「理解できない」と、私の生き方を愚弄(ぐろう)します。




世の中、色んな個性を持つ人達が沢山いますが、職場という1つの空間で、毎日同じ仲間と仕事をする。
その中で、1日の中で半分以上のかけがえのない時間を費やしているのに、そこで一緒に生活する人と思いを共感出来ないというのは、正直悲劇だと、最近私はそう感じています。



ジョージは2ヶ月前に、職場が新しく変わったので、ちょうど良いタイミングだと思い、1つだけ自分が必ず守るルールを決めました。

それは
笑顔で微笑むことを大切にすること
です。
ジョージのツイッターでの『合言葉』のようになっていますが、
これだけは、常に意識して仕事をするようにしました。

特に、笑顔を大事にしている場面は
1.朝の挨拶と朝の1時間
2.職場のヒトに、仕事の提案をされているとき
3.自分が上司、もしくは同僚に指摘をされているとき
です。
一見、テンションが上がりにくいときに、ちょっと笑顔で微笑む。

できるだけ、相手に共感する
できるだけ、相手を否定しない
否定する前に、自分の失敗談で、自分でウケるw
信頼関係が十分に築かれるまで、相手を誉め続ける
相手を尊重する
社内で争わない(争う相手は社内ではなく、競合会社である)




.....なんか、孤独感の話から、だいぶ脱線してきたなwww

話を戻しますが、結局、孤独感や虚無感は
それを話す信頼できる相手がいないこと
共感できる相手がいないこと
生き方を尊重してくれる相手がいないこと
であり、そしてそれはまた、逆に考えると
自分も相手を信じてありのままに話すこと
だと言うことに、オッサンになってやっと気がつきました。

結局、自分の事を否定されていると思っているのと同時に、自分もまた相手のことを否定しているんですよね。

最初は否定されるかもしれないけど、とにかく自分は相手を思いやる。
否定されると辛いけど、とにかく笑顔を大切にする。
自分と向き合うことを大切にして、自分をある程度客観的に見ることができるようになったら、
絶対自分の生き方、自分の個性を否定しない

こんな感じで、最近生活しています。



ブログは、そんな日々の生活をアウトプットする場として、時間に余裕があるときに、ありのままに思ったことを書き綴っていけたらいいなぁと思いました。




今回のブログ作成時間
写真の選択~アップロードまで:120分
文章:60分
添削+アレンジ:30分
スマホで作成


写真をブログにアップロードするのが手間がかかって大変だなwww
特に、景色の写真だと容量が大きすぎて縮小させないといけないから、もっと面倒くさくなる。
でも、写真があればあるほどブログにがでるしなぁ~
自分で見ていても楽しいしw(自画自賛w)






最後に、オリエント工業のラブドール写真を載せて終わりにしますね♪

このラブドールはやすらぎシリーズの
“桜樹志乃”です。

2年前に購入したスマホでの撮影ですが、こんなに美しく撮れました。


このラブドールは、ほんとに『生きてる』ようですよね♪
ずっと撮影していると、キラキラした瞳の中に吸い寄せられるような、不思議な感覚になります。


ラブドールを見ていると、なんだか、とても心が落ち着くのです。
癒しといいますか......
とても幸せな気持ちにしてくれるのです。

ラブドールがいることで、毎日穏やかに夢みることが出来るような気がします。



1日の最後に、幸せに包まれたような感覚で眠ることができる。
そんな、安らかな微笑みをしているこのラブドールは、その時点でラブドールという域を超えたのだと思いました。

ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 ラブドール オリエント工業 やすらぎ 桜樹志乃 


志乃:「それでは皆様、よい夢を...


関連記事

Comment

Leave A Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。