②ラブドール3社のショールームを比較。オリエント工業、4woods、アルテトキオ[クオリティー面に着目]

今日は、久しぶりの曇り空で気温が上がらなくてとても寒い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

冬の季節へ1歩近づきましたね♪

こんばんはー(*´ー`*)


さあ、今日はラブドール3社(オリエント工業、4woods、アルテトキオ)のクオリティーに着目していきますよ~(´∇`)

各項目は私の見解で10段階評価していきます。その中でも、とくに「ビビっ!Σ(*゚Д゚*)」っときたのはプラス表示いたします!
よろしくお願いいたします!



①顔の造形

*オリエント工業:10+
*4woods・・・:8
メイクでオリジナルに出来る『オンリーワン』
*アルテトキオ・:6


・顔の造形はオリエント工業がかなり優秀であります。理由は「上下左右」何処から見ても『美しい』からです。
美しさとは、エロさを超えて「安らぎ」も与えてくれます。その娘がいるだけでドーラー様の心は幸せに満たされることでしょう。



②重量(持ち運びのしやすさ。150㎝以上で比較、またはバリエーション)

*オリエント工業:8
*4woods・・・:4
*アルテトキオ・:8+


・アルテトキオは体格が細目なので、体感的には一番持ち運びしやすいです♪

4woodsは
a.肩幅が広い
b.股が広がっている
c.シリコンが一番柔らかい
という理由から、持ち運び時の重心が「離れて」しまうため、体感的には実質重量よりプラス5㎏は重く感じると思います。



③シリコンの柔らかさ(2016年9月モデル以降)

シリコンの柔かさとオイルブリードは密接な関係があります。

*オリエント工業:8
柔かさが部位で異なる。表面は「ツルツルでサラサラ」
*4woods・・・:10
例えるなら大福餅。表面は「サラサラでモチモチ」
*アルテトキオ・:7+
例えるなら超密度が高いスポンジ。圧すと「じんわり」と戻ってくる。表面は「ツルツルでサラサラ」


・オリエント工業の○ッパイは、アルテトキオよりも柔らかく感じました。でもお尻は『扁平』を防ぐために硬めになっていました(ジョージは、それで正解だと思っています。)。


4woodsはまさに『大福餅』です。あの粉吹き感はベビーパウダーをぱふぱふしたばかりのときみたいだったし、触感も大福餅の柔かさに近いです。


アルテトキオは、オリエント工業と近い感覚ですが、その違いは『オイルブリードの量と質の差』だと思っています。
オリエント工業はアルテトキオよりもオイルブリードが少なく、そして『サラサラの汗を触っている』かのような感覚でした。
じゃあ「アルテトキオはそんなに気になるくらいのペトペトなオイルブリードがでるのか?」というと、そうではありません。

比較対象が日本を代表するラブドールトップクラスの2社なだけであって、ジョージが感じたアルテトキオの『強み』とは、


a.オリエント工業の半額くらいの価格で購入でき、そして「即納品」「アウトレット(ほぼ新品)」があるので早く(4~7日の目安)お迎えすることができる。

b.クオリティーは、オリエント工業の「顔の造形」に対してadvantageを取ることは難しいけれど、それ以外(※)であれば互角に渡り合える(いや、それ以上)ポテンシャルがある。

※オリエント工業よりも
A.グリップ強度がある
B.脇裂けしない
C.原因不明の経年劣化(両腕の変色)が起きない。
これはジョージにとっては当たり前なくらい、あってはならない欠陥である。しかし、デュアルフレーム以降でこの劣化が起きるかどうかは不明である。
etc.

c.サービス、クオリティーを考えれば、オリエント工業とのブリードの差は、ジョージにとって大したことではない(そのくらい気にしない)。


という上記3点からアルテトキオは、
「4woodsやオリエント工業には及ばないかもしれないが、それでも多角的視点から見れば十分満足できると判断しました。



④ブリードの少なさ(2016年9月モデル以降)

*オリエント工業:8
*4woods・・・:10
*アルテトキオ・:7+


・アルテトキオは、オイルブリードが若干多いからか、「ベビーパウダーの固着」が稀に出来ます。でも、お風呂で泡々にしたパフで優しく洗ってあげることで綺麗になります♪

3社ともブリードに関しては、あまり気になりません。なんとなくアルテトキオがホント少しだけ感じる(ほとんど分からない)くらいです。



⑤エロさ

*オリエント工業:7
美しさからくる「安らぎ」のほうが大きい
*4woods・・・:10+
ショールームで興奮しすぎて、冷静さを装うのが難しくなるレベル
*アルテトキオ・:7
可愛らしさのほうがより感じるものがある


・「体の造形」に関しては、4woodsのこだわりを実感できると思います。
手足の血管、乳房のカタチ、ボディーラインともに群を抜いています。

オリエント工業は、「美しさ」「安らぎ」感を重視。アルテトキオは「可愛らしさ」を感じることができると思います。



⑥開脚度(詳細は各社のサイトで参考にしてください♪)

*オリエント工業:8
前後左右の腰可動(リミッターグリップ)有り
*4woods・・・:10+
モデルによっては腰を左右に捻ることができる
*アルテトキオ・:6
前後左右の腰可動(グリップ)有り


・開脚度があまりなくても「腰可動」により密着度を上げられます。アルテトキオは腰可動部が比較的広い範囲に動く(リミッターが無いので無理は禁物)ので、開脚の狭さをカバーすることが出来ます。



⑦耐久性

*オリエント工業:8
可動部位にリミッター有り
*4woods・・・:最新モデルは不明。2015年モデルは9
*アルテトキオ・:7


・アルテトキオは、すべての部位が同じシリコンの柔らかさで作られているので、「足裏」と「ホール周囲、内部」には注意が必要です。特に足裏は正直『立つことができる』ように作られているとは思えないほど、シリコンが柔らか過ぎます。

オリエント工業は、
a.背中と足裏のダボが取れる
b.脇裂け
c.『腕の原因不明の変色』
が気になる点として挙げられます。
ここは、ドーラー様にも購入の際に気を付けていただきたい事なのですが、
高額なオリエント工業の娘が、ドーラー様がどんなに丁寧に扱っても、半年すると原因不明の劣化が起きるというのは、私は納得がいきません。
実は、私は8月末にもオリエント工業のショールーム見学をしているのですが、『原因不明の欠陥』が「購入」という最後の1歩を躊躇させるのです。




☆まとめ

私は、3社とも強みをしっかり持っているので、十分満足できるクオリティーがあると思っています。
サービス面でも、ドーラー様が恥ずかしがらずに、真摯に担当者様とコミュニケーションがとれれば、きっと満足できる対応をしてくれると思っています(私の場合はそうでした♪)!

何事でもそうだと思うのですが、
「3社の方向性」と『ドーラー様が真に願っているもの』をしっかりと合致させることで、後悔のない満足できる選択ができると思うのです。


ぜひ、ドールをお迎えしようと考えているのであれば、『真摯に』向き合っていただきたいです。
そして、ドーラー様にいつまでも「安らぎ」と「幸せ」を感じていただきたいです(´∇`)



最後になりますが、

私は、ニイナをお迎えしてとても『幸せ』であります。
1日でも長く一緒にいたいと心から願っています。
そして、ニイナをつくってくれた4woods様に、心から感謝いたします。

本当にありがとうございました。








ニイナ:「ニイナはいつも一人でお留守番してるの....♪(/ω\*)」



ニイナ:「ニイナもお友達欲しいなぁ~(*´∇`*)」
関連記事

Comment

Leave A Comment